教育方針

学園長:足立裕亮 校長:岡本勝実

1.教育目標

 建学の精神『教育は徳なり』の理念に則り、徳育を基盤として「自主性」「創造性」「協調性」を尊重し実践する上において『人間力の育成を図る教育を推進』と共に各学科の特性を活かした教育に取り組む。

人間力

  • 自らが積極的に知識教養の導入に努力し、自己の目標を設定し、日頃の心身錬磨によって学ぶ姿勢・忍耐力や自分らしい生き方を学校生活の中で発見し、努力する力を培う=「自主性」
  • 日々の授業を大切にし、「基礎学力」「専門的知識」の導入を行い、自らの力でそれらの向上を目指し、「論理的思考能力」「創造力」を培う=「創造性」
  • 規範意識・公共心の育成を行い、集団として行う学校行事等の中で他者を尊重し、切磋琢磨しながらお互いを高め合う力を培う=「協調性」

これらの「自主性」「創造性」「協調性」のすべてをバランスよく総合的に高め、将来社会参加する人物としての知識・教養を習得させる。

2. 具体的方針

  • 特別活動(HR活動・生徒会活動・学校行事等)での指導を通じて、常に建学の精神の浸透を図り、将来の社会生活において自立できる力の育成を目指す。
  • 学習活動においては基礎学力の定着を図る。進学については補習授業などにおいて学力伸長を行う。
  • 常に保護者や地域との連携を図り、将来社会に貢献できる人物として必要な知識・教養の習得を目指す。
  • 遅刻・欠席の防止を図り、基本的生活習慣の確立を目指す。そのためにも保護者との連絡を密にとり、学科担任会議や学年会議を中心とする各会議での経過報告並びに指導については詳しく行い、情報を共有し、遅刻・欠席の防止に努める。
  • 中途退学の防止を図る。そのためには日頃の生徒との対話を充実させ、日常と違うことがあった場合には早期に保護者への連絡・家庭訪問を実施する。また同時に丁寧な学習指導と学力保障を行い、年度末に進級保留者を出さないように努力する。
  • 挨拶の励行と同時に挨拶の大切さを教育し、コミュニケーション能力の向上に努める。
  • 清掃の徹底指導を通じて校舎内の美化に努め、整理整頓の習慣性や公共物の大切さを習得させる。(清掃方法は生徒指導部指針に従うこと。校舎内注意箇所については内規に記載しているので、職員が周知徹底しておくこと)
  • 進路指導については、生徒・保護者との懇談を通じて話し合いを行い、生徒の適性や希望に添った進路指導を行う。

3. 生徒指導

(1)生徒の実態を把握し、親切で丁寧な指導を図る(体罰は厳禁)
情報の共有化
職員全員が同一ベクトルの指導を行う
(2)教科目指導について
年度当初のシラバスに沿った学習指導を行い、常にその修正・点検を怠らないこと。
教科内で、入試分析・学力テスト分析・日頃の学習状況等で生徒の学力を正確に把握し、教育課程編成を行うと共に生徒に理解させる授業を展開する。
学力不振の生徒については、補充課題(授業)や補習等を実施して可能な限り学期内で補充を行う。補充の意義を教えると同時にわかるまでの指導の徹底。
常に「わからせる」授業展開を行うとともに、定期考査や学力テスト・小テストを通じて理解度のチェックや指導法のチェックを行い、次の指導に活かす。
各教科内でできる限り研究授業等を実施し、自己の錬磨に励み授業研究を行う。
(3)生活指導について
学級担任・担任補佐及び教科担当が中心に指導を行い、各部・各学科・各コース・各学年・各教科等が連携し、情報を共有しマトリックス的に指導を行う。決して個人による指導とならないこと。なお、指導記録は必ずとっておくこと。
特にいじめ指導に関しては早期発見・早期指導に努める。(生徒サポート室やスクールカウンセラーの活用)

4. クラス活動

  • 学級担任と担任補佐は常に連携をとって生徒指導にあたり、生徒・保護者との信頼関係構築を念頭に置いて努力する。また、常に懇切丁寧な指導を心がける。体罰や言葉の暴力・脅しによる指導は厳禁。
  • 常に生徒の実態把握を図るため、学級担任・担任補佐はSHRを大切にし、出欠点呼や連絡事項伝達のみにとどまらず生徒をよく観察する。また、クラス活動において生徒との対話を図り、信頼関係を築くように努める。特に連絡事項の伝達については、サイボーズを確認し、日々の連絡に遺漏がないように努める。
  • クラス活動において挨拶の励行・清掃の徹底・欠席や遅刻の防止については重点的に指導する。(特に遅刻・欠席においてはすぐに家庭と連絡をとるように)気付いた点があればその場での注意・指導を徹底する。決して後回しにしないこと。また、常に指導記録をとるように心がける。
  • 生徒指導上の問題が生じたときには各種会議(部会・学年会議・学科担任会議・教科会議等)で報告し、全職員が情報を共有、解決に向けて指導できる態勢を作る。(報告・相談・連絡の徹底)

5. 教科目指導

  • 各授業開始時には「起立・礼」を必ずさせ、出席点呼によって生徒の実態把握を行い適切な指導にあたる。教師が始業時に遅れないようにする。(50分授業の励行)
  • 忘れ物・遅刻指導等は必ず実施し、真摯な態度で授業に臨める環境作りを行う。
  • 常に生徒の学力把握に努め、シラバス・進度等を考えて生徒の実態に見合った授業を行う。教師だけが満足する授業(一方通行の授業)にならないように努める。
  • 学力不振(基準点未満)生徒については、補充課題(授業)や補習等を実施し、可能な限り学期内処理に努める。また、補充の意味を良く理解させ、課題提出・補充授業や補習出席を徹底指導する。
  • 授業中や試験監督中は常に生徒の動向を把握し、椅子に座っての授業や試験監督は行わない。
  • 生徒指導上の問題が生じたときは、学級担任または担任補佐に連絡し、指導協力を仰ぐと共に教科会議においても報告・協議し、指導上の問題点を共有する。

6. 進路指導

  • 進路指導計画については進路指導部が企画立案を行う。
  • 1年次より生徒・保護者との面談を通じての綿密な進路指導を行い、早い段階から将来の目的意識をしっかりと持たせると共に保護者の理解を得る。
  • 生徒の希望を把握し、学級担任・担任補佐を中心に、生徒の適性を考慮し、学力を勘案しての進路指導を行う。
  • 進路については、生徒の希望を尊重し、保護者の意見を組み入れて決定すること。特に進路決定後の取り消しが起こらないように留意する。もし、進路決定後の取り消しがあった場合は速やかに対処する。

7. 校舎利用について

  • 各教室・廊下等校舎の美化に常に努める。
  • 清掃については、生徒指導部から出されているマニュアルに沿って行うこと。清掃活動が人格形成に役立つことをSHRなど様々な機会を通じて生徒に理解させる。
  • 校舎内の留意点(注意点)については、内規に記載されている箇所をよく理解し、破損等がないように指導する。破損が生じた場合は速やかに届け出る。

8. 校務運営について

 対生徒・保護者・地域住民等や対中学校・塾等々との信頼関係の構築を図る上で、各基本規定並びに各種会議にて討議検討された事項を遵守し、各部・各学科・各コース・各学年・各教科との連携を行い、意見の調整・意思統一を図り、共通認識を持った上で校務運営・生徒指導がスムーズに行えるように努力する。
 円滑に校務が進められるよう組織・実務においても万全の注意を払い、何事においても迅速に対応すること。(早期対応)特に各部・各学科・各コース・各学年・各教科と学級担任・担任補佐とがお互いに連絡を密に取り、相互に相談・報告を行い、問題点を共有して校務に当たるように努力する。また、何事においても個人で対応するのではなく、必ず複数で対応するとともに記録はとっておくこと。
 学校危機管理の面においても上記のことを遵守し,校務運営・生徒指導にあたる。 全職員が内規を熟知し、共通理解の下、同一ベクトルでの校務運営を行うこと。